駅ピアノ巡り

11月から動画制作の取材が多く、怒涛の日々を過ごしています。先々週は急遽富山出張になり、2日目はフリーだったので「駅ピアノ」 を巡ってみました。NHKやBSで不定期に放送されている「駅ピアノ」「空港ピアノ」の影響なのか、最近は誰でも自由に弾けるピアノを設置する駅が増えています。番組の方は海外が舞台で、91歳のおじいさんや元難民の方など、人種や国境を越え、様々な生い立ちや人生、音楽への思いが垣間見える番組で、じんわり感動的ないい番組です。

なんと富山駅から始まり、金沢駅、京都駅、新神戸駅の、新幹線や特急の乗り換え駅すべてにピアノがありました。

私はクラシックを弾いていますが、暗譜してもすぐに忘れてしまい、こういう場でサラリと弾けません(泣)コンビニでプリント予約をして楽譜を出力しました。便利な世の中ですよね!

富山は電子ピアノなので、音量を下げてガッツリ練習。金沢駅地下にある思い出ピアノは、人通りも少なくよく響くので気持ちよく弾けました。サラリーマンらしきおじさまがじっと聞いてくださり拍手して下さったのには感謝(笑)京都は今月だけ限定設置らしく、中学生らしき男子が陣取っていて(笑)通行人を沸かせていました。

最後の新神戸駅は改札を出てすぐのところで人通りも多く待合が近すぎて、とても弾く勇気はありませんでした。数日前はピアニストの清塚信也さんがバイオリニストのNAOTOさんと演奏披露されたそうです。

この日は、ピアニストさまらしき方ががショパンの幻想即興曲と英雄ポロネーズを弾かれてて得した気分。いい旅の締めくくりになりました。しかし、クラシックはやっぱり人気ないですね。あまり人集りもなく…POPSとか弾く方がストリートピアノは受けがいいんですよね。

今回のピアノ情報はすべてtwitterで調べました。今の時代、いい情報も悪い情報もすべてtwitterですぐに出てきますよね。

もちろん、富山では白えび、のどくろをご馳走になり、金沢では寿司も堪能。なかなか楽しい旅を満喫できました。