地方活性化に貢献するパン屋さん

先日、生瀬ヒュッテへ行ってきました。元は大阪の靱公園にあったタケウチが移転した、人気のパン屋さんです。月曜日になかなか繋がらない電話で予約し、その週の平日に取りに行くシステム。予約した人だけがその日のパンも購入できます。ここの田舎パンは絶品で、薄切りにしてハムやチーズを挟みトーストしてもよし、厚切りで焼いてバターを塗って食べてもよし。自宅ではローストビーフを挟んで食べました。  

お店も素敵で、豊かな自然に囲まれ、テラスで食べるサンドイッチ、珈琲も格別。この日は焼きたての安納芋&伊予柑あんぱんも食べました。

このような素敵なパン屋さんが郊外に移転することで地方活性化につながる。人間のいちばんの欲求は「食」ですから、素晴らしいことですよね。私もパンやお菓子、料理の腕があれば・・・食の腕はないので、クリエイティブで何かお手伝いができればと、日々、妄想し願っております(笑)